<   2007年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

7月19日(木)のあれこれ

今年度履修していた竹中平蔵先生の授業のテストがあった。
「授業の内容を踏まえて政策提言をせよ。」
知識のインプットとともに自分で考えることを重視しているところがとても彼らしい。彼のことを自慢ばかりする人だとか口達者なだけとか言う人もいるけれど、私は先生の授業をとれて本当によかった。この大学に来てよかった。
リーダーシップの本質とは何か、彼の授業が教えてくれた。
以下最後の講義で話していたことの抜粋:

<小泉改革の教訓>
・本質を見る
・理想論よりも実現可能なプロセスを重視する
・失われた10年は経営の失敗だった

<改革への原動力>
・リーダーのパッション
・戦略は細部に宿る

<改革への戦術>
・逆転の発想
・トップ直轄方式
・会議は決める場(not議論の場)
・いつでも辞める覚悟でやれ
・批判の3つのパターンを知っておけ(コントラリアン的批判、永遠の真理で批判、レッテルを貼る批判)

<小泉流リーダー論>
・王道を行く:堂々と本筋のことをやれ
・瞬時の判断力
・直接対話の力:優れた経営者は、日ごろ考えていることの積み重ねが言葉に表れるから話がおもしろい。
・愛嬌のあるリーダー

構造改革の真実 竹中平蔵大臣日誌
竹中 平蔵 / / 日本経済新聞社
ISBN : 4532352487
[PR]
by infoazh | 2007-07-19 23:24 | 雑記